再生可能エネルギーニュース

再生可能エネルギーに関するニュースサイト

「 風力 」 一覧

2022年、インドの再生可能エネルギーは175GWに拡大 – NREL予測

  2017/07/24

米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)は、インドでの再生可能エネルギー導入に関する予測レポートを発表した。それによると、2022年までに出力175GW(ギガワット)の再生可能エネルギーがインドの電力網に組み込まれるという。 175GWの再生可能エネルギーのうち、100GWが太陽光、60GWが風力になると予測され、年間発電量としては370TWh(テラワットアワー)に達するとしている。これら160 …

再生エネ、初の長期戦略を策定 環境省「脱炭素社会」へ

  2017/04/10

環境省は10日、地熱や洋上風力、太陽光発電などの再生可能エネルギーを、2030年に大量に導入するための長期戦略を策定することを明らかにした。50年以降の「脱炭素社会」実現に向け、パリ協定に基づく地球温…

再生エネ、買い取り費用抑制=大型太陽光に入札制—改正FIT法1日施行

  2017/03/30

太陽光、風力などの再生可能エネルギーでつくる電気を、事前に決めた価格で電力会社が買い取る「固定価格買い取り制度(FIT)」を見直す改正FIT法が4月1日に施行される。電気料金に上乗せされる買い取り費用の抑制に向け、大規模な太陽光発電に競争入札で買い取り価格を決める仕組みを導入。風力発電なども段階的に同価格を引き下げる。稼働が見込めない計画は認定を取り消し、新規参入を進める。 2012年7月に始まっ …

「日本は風力発電に向いていない」は本当か?『世界の再生可能エネルギーと電力システム 風力発電編』発行詳細なデータを用い、海外と日本の違い、風力発電への誤解などを解説

  2017/03/29

インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、『世界の再生可能エネルギーと電力システム 風力発電編』(著者:安田 陽)を発刊いたします。 『世界の再生可能エネルギーと電力システム 風力発電編』http://nextpublishing.jp/isbn/9784844397625[画像1: https://prtimes.jp/i/5875/1605/resize/d …

Google、2017年中に“全社100%再生可能エネルギー”を実現へ

  2016/12/06

米Googleは12月6日(現地時間)、2017年中に同社のすべての施設で100%再生可能エネルギー利用を達成すると発表した。米Appleはデータセンターでの100%を達成しているが、Googleはデータセンターだけでなく、世界の全オフィスでも再生可能エネルギー稼働に完全に切り替えるとしている。 再生可能エネルギーとは、石油などの有限資源ではなく、太陽エネルギー、風力、水力など再生が可能なエネルギ …

ハイブリッド・ファシリティーズ、小形風力発電の取り扱いを開始 再生可能エネルギー分野の業容を拡大

  2016/11/24

ピクセルカンパニーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 弘明)グループのハイブリッド・ファシリティーズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:伊地知 宣雄、事業内容:太陽光発電施設の販売を始めとする環境関連事業、資本金:30百万円、以下「HBDF社」といいます。)において、再生可能エネルギー分野の業容拡大の為、新たに小形風力発電(20kW未満)の取り扱いを開始いたしましたので、 …

台風を利用可能エネルギーに…「台風発電」をご存知?

  2016/10/03

本来は破壊的な台風が、生産的に成り得るでしょうか。 世界初の台風発電機、「垂直軸型マグナス風力発電機」を開発したのは、株式会社チャレナジー代表取締役CEOでエンジニアの清水敦史さん。清水さん曰く、この発電機を必要な台数並べれば、1度の台風で日本の50年分相当の利用可能エネルギーを生成できるそうなんです。 CNNの取材で清水さんは、「日本では太陽光よりも風力発電にポテンシャルがあるにも関わらず、それ …

GM、再生可能エネルギー100%を目指すと表明 ただし目標年は2050年

  2016/09/23

ゼネラルモーターズ(GM)は、特定の年までに再生可能エネルギー100%で事業運営を目指す企業連合「RE100」への参加を表明した。その誓約は評価できるものだが、随分と長い猶予期間を用意したのではないだろうか。GMの計画では、事業に必要な電力を全て再生可能エネルギーのみによって賄うことを、2050年までに実現するというのだ。つまり、今から34年後ということになる。 RE100への参加企業は広範囲に渡 …

再生可能エネルギー 〜 世界全体ではバイオマスと水力の割合が圧倒的シェア

  2016/09/07

先月28日のIEA(International Energy Agency;国際エネルギー機関)の発表では、世界全体の一次エネルギー供給と電力供給における再生可能エネルギーの位置付けについて掲載されている。 2014年の一次エネルギー供給における再エネ割合は13.8%で、その内訳はバイオマス10.1%、水力2.4%、その他1.3%となっている。即ち、2014年の一次エネルギー供給における再エネは、 …

関電、再生エネ発電拡大へ 風力やバイオ、2030年に5倍

  2016/07/20

関西電力は20日、大規模水力を除く再生可能エネルギーを利用した発電能力を増やすことを明らかにした。洋上風力やバイオマス、中小規模水力による能力を2030年に現在の5倍の約50万キロワットにするのが目標…