再生可能エネルギーニュース

再生可能エネルギーに関するニュースサイト

「 電源 」 一覧

消費者、電源構成で選択も=電力小売り全面自由化

  2016/04/01

電力小売りの全面自由化が1日スタートした。消費者は、料金の違いだけでなく、原子力や再生可能エネルギーなど電気のつくり方に着目して電気の購入先を選べるようになった。仮に太陽光や風力など再生エネの電気を買い求める動きが広がれば、原発再稼働を重視する政府や大手電力の姿勢に影響を与える可能性もある。 電力小売りの制度では、事業者は販売する電気の電源構成を公表することが望ましいとされた。林幹雄経済産業相は「 …

なぜ「通信の大物」千本倖生氏は再エネ業界に転じたのか

  2016/02/08

■再生可能エネルギーを育てるのは国家的な使命——2012年にイー・アクセス(現ワイモバイル)をソフトバンクに売却し、千本倖生さんはハッピーリタイヤメントをしたわけですが、なぜ通信業界から今度は、再生可能エネルギーの開発運営を行うベンチャー企業、レノバの代表取締役会長に就任したのですか。 再生可能エネルギーの業界というのは、実は私にとっては全く関係のない事業ではないのです。私が慶應義塾大学の教授をし …

電力にも消費者の「知る権利」の保障を・電力への再生可能エネルギーの導入拡大を  生活クラブ生協連合会がパブリックコメント2件を提出

  2016/01/26

4月からの電力自由化を前に、政府からの意見募集(パブリックコメント)が相次いでいます。この1月、生活クラブ生協連合会は「『電力の小売営業に関する指針』(案)に関する意見の募集」および「再生可能エネルギー導入促進関連制度改革小委員会報告書(案)に対する意見募集」の2件について、意見を提出しました。 生活クラブ連合会が1月に提出した意見は、以下のとおりです。 ●「電力の小売り営業に関する指針」(案)に …

<再生エネ買い取り>価格引き下げ狙う 見直し案

  2015/12/15

 経済産業省が再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)を見直すのは、割高な太陽光発電の価格引き下げを通じて国民負担の軽減を図るだけでなく、太陽光に新規参入が偏る現状を是正する狙いもある。ただ、足元では風力や地熱などは伸び悩んでおり、今後の再生エネの大幅導入に向け、さらなる取り組み強化が求められている。  「当初の制度設計に問題があったのが原因で、FIT導入が間違いだったわけではない」。今 …

再生エネ固定買い取り制度 太陽光偏重の見直しなど年内に集約

  2015/11/11

 再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度について、経済産業省が検討している見直し案の大枠が11日固まった。同日の有識者委員会では、開発に時間がかかる電源の普及を進めるため、地熱や風力などは買い取り認定を受ける前でも送配電網の接続枠を確保できるようにする方針を提示した。悪質な事業者を再審査するなどこれまでの検討結果を年内に集約し、来年の通常国会に法制度の改正案を提出する見通しだ。  地熱や風力など …

『日本のエネルギーを満タンに。』電力の自給自足を実現!東北発!公共・福祉施設や製造工場を再生可能エネルギーで活性化 高性能オフグリッドシステム『eneman(エネマン)』を4社共同開発

  2015/11/05

再生可能エネルギー活用の効率化により東北を支援すべく、光システム株式会社(本社:秋田県秋田市、代表取締役:吉田 征四郎)、株式会社中央物産(本社:岐阜県中津川市、代表取締役:三尾 義彦)、エナジー・ソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森上 寿生)、株式会社グッドフェローズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:長尾 泰広)の4社共同で、官公庁・地方自治体・中小規模の工場・ …

電源構成は再生エネ重視…30年時点、識者案

  2015/04/28

 経済産業省の有識者会議は28日、2030年時点の目標となる電源構成案を正式発表した。  太陽光や風力などの再生可能エネルギーを最大24%と、今の2倍以上に増やして重視する一方、原子力は最大22%として、再生エネを下回る水準にする。電気料金の抑制と地球温暖化対策の両立を目指す。政府は与党と調整し、5月にも政府案を決定する。  具体的には、▽再生可能エネルギー=22〜24%▽原子力=20〜22%▽天 …

<電源構成>2030年、原発回帰鮮明に 政府案

  2015/04/28

 経済産業省は28日、2030年の総発電量に占める電源ごとの割合(電源構成)について、原発を20〜22%程度、再生可能エネルギーを22〜24%程度とする政府案をまとめた。原発を新増設するか、原則40年の運転期間を延長しなければ実現しない水準で、安倍政権の原発回帰の姿勢が鮮明になった。  28日に開いた同省の有識者委員会に提示した。政府が電源構成をまとめるのは10年以来で、東京電力福島第1原発事故後 …

将来の電源構成、「原子力・水力・石炭火力で6割を」 経産省が案を提示

  2015/03/31

経済産業省は3月30日、2030年の最適なエネルギーミックス(電源構成)について検討する有識者会議、第5回長期エネルギー需給見通し小委員会を開催した。 本委員会では、「電源構成の在り方について」について議論した。経済産業省は、「各電源の特性と電源構成を考える上での視点」をまとめた資料を提示した。 エネルギー基本計画では、原子力・水力・石炭火力・地熱を、発電コストが安価で、安定的に発電することができ …

東京メトロ、節電に向け整備進める 回生電力・太陽光発電などが稼働開始

  2015/03/30

東京メトロは、電車がブレーキをかけたときに生じる回生電力を駅施設等に供給できる駅補助電源装置を東陽町駅ほか6箇所に設置し、稼働を開始した。 また、東京メトロは2015年3月28日に西船橋駅の太陽光発電システムを新たに稼働させ、東西線地上駅8駅での合計最大出力が1MWとなるメガソーラー規模の「東西線ソーラー発電所」を完成させた。 駅補助電源装置は2014年6月から東西線妙典駅で稼働していたが、このた …