再生可能エネルギーニュース

再生可能エネルギーに関するニュースサイト

「 設置 」 一覧

ワタミファーム&エナジーがバーチャルパワープラント実証事業を開始〜再生可能エネルギーの普及と、電気料金の低減に貢献〜

  2016/09/06

「ワタミの宅食」の営業所に蓄電池を設置 ワタミ株式会社の100%子会社であるワタミファーム&エナジー株式会社(以下「ワタミF&E」)は、パワーシェアリング株式会社(以下「PS社」)と共同で、バーチャルパワープラント実証事業(以下「VPP実証事業」)を開始しました。 2016年8月より、ワタミF&Eが小売電気事業者として電気を供給する「ワタミの宅食」の営業所に蓄電池を設置し、需給調整の実験を行ってい …

エコ社会への移行を安上がりにするには

  2016/05/07

■電気料金に上乗せされた1兆円超の賦課金 読者の方々は、ご家庭の電気料金に「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)」が上乗せされていることをご存じだろうか? 太陽光や風力・地熱など再エネ産業の育成・発展のために徴収されているお金のことだ。 一度、ご家庭の電気料金をチェックしてみるといいかもしれない。自営業を営むわが4人家族を例に取ると、最近の再エネ賦課金は、7月772円、8月1369円、 …

今!注目されている再生可能エネルギー投資「パッケージ型風力発電」開始!資産価値の低い土地を有効活用して、利益を生み出す投資です!

  2016/01/14

株式会社ライズデザインファクトリー(本社:東京都豊島区、代表取締役:渡利 直樹)は、業界先駆けで20Kwh未満のパッケージ型風力発電投資事業を開始致します。近年、注目されている分譲型太陽光発電と仕組みは同じですが、新たに国公認の節税対策ができます。償却年数に関係なく、まとめて全額償却ができることが最大のメリットになるので、個人、法人関係なく活用することができます。広い土地に区分けした風力発電を設置 …

<福島沖>「海に浮かぶ風車」近く発電

  2015/10/03

 福島県楢葉町の沖合約20キロで進められている浮体式洋上風力発電の実証研究が、新たな段階に入った。2基目の巨大風車「ふくしま新風」が係留作業を終え、世界でも例のない複数の「海に浮かぶ風車」での発電が近く始まる。研究の成功は再生可能エネルギー普及への追い風となるか。【垂水友里香】  東京電力福島第1原発事故を受けた福島県の復興ビジョンは、2040年をめどに県内の全電源を再生可能エネルギーで賄うと掲げ …

大型蓄電池、12月完成へ

  2015/07/15

北海道電力は15日、北海道安平町の南早来変電所で進めている大型蓄電システムの設置工事を報道陣に公開した。12月の完成後、3年間の予定で実証実験を実施する。

大型蓄電池、12月完成へ=北海道電が工事公開

  2015/07/15

北海道電力は15日、北海道安平町の南早来変電所で進めている大型蓄電システムの設置工事を報道陣に公開した。12月の完成後、3年間の予定で実証実験を実施。天候で左右される太陽光発電や風力発電の出力変動を調整する蓄電池の性能の実証や、最適な制御技術の開発などを行い、再生可能エネルギーの導入拡大を目指す。 設置する蓄電池は住友電気工業が製造。出力は1万5000キロワット、蓄電容量は約6万キロワット時で、「 …

中小企業でも65億円規模の発電事業ができる 環境省のグリーン・ファンド

  2015/03/31

環境省は、「グリーン・ファンド」(地域低炭素投資促進ファンド事業費補助金 地域低炭素化出資事業基金)の出資案件4件を発表した。同ファンドは、出資の形で地域において低炭素化プロジェクトを推進する事業者などを支援する投資ファンド。執行団体はグリーンファイナンス推進機構。 今回の出資案件と申請者は以下の通り。 茨城県における太陽光発電事業スマートテック(茨城県水戸市) 長野県における木質バイオマス発電事 …

東京メトロ、節電に向け整備進める 回生電力・太陽光発電などが稼働開始

  2015/03/30

東京メトロは、電車がブレーキをかけたときに生じる回生電力を駅施設等に供給できる駅補助電源装置を東陽町駅ほか6箇所に設置し、稼働を開始した。 また、東京メトロは2015年3月28日に西船橋駅の太陽光発電システムを新たに稼働させ、東西線地上駅8駅での合計最大出力が1MWとなるメガソーラー規模の「東西線ソーラー発電所」を完成させた。 駅補助電源装置は2014年6月から東西線妙典駅で稼働していたが、このた …

系統への大容量蓄電システムの導入、電力会社向けに補助金の公募開始

  2015/03/30

一般社団法人新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、「再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金(大容量蓄電システム需給バランス改善実証事業)」の公募を行っている。 同事業は、一般電気事業者の送変電設備に大型蓄電池を接続し、需給バランスの改善と、系統制御の可能性等について実証を行うもの。蓄電池は、秒単位での応答特性を持ち、また適正稼働率におけるシステム効率が70%程度以上であるものを用いる。 補助 …

国交省、港湾における洋上風力発電施設等の技術ガイドライン(案)を公表

  2015/03/27

国土交通省港湾局は、洋上風力発電施設の導入に関して、占用許可の審査の際の技術的な判断基準となる「港湾における洋上風力発電施設等の技術ガイドライン(案)」を取り纏め、公表した。 港湾区域に洋上風力発電を導入する際には、港湾管理者が、洋上風力発電施設を設置する適地を設定し、その適地を港湾計画に位置づける必要がある。その後、公募により発電事業者が選定され、その事業者が発電施設を設置する水域の占用を申請す …