再生可能エネルギーニュース

再生可能エネルギーに関するニュースサイト

「 発電 」 一覧

ジンコソーラー:改正FIT法への対応策

  2017/09/01

「改正FIT法」が2017年4月から施行されました。FIT法とは、再生可能エネルギーの普及を主な目的として2012年に導入された「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」の通称で、そして、時間の経過や情勢の変化に伴い、新たなルールも加わりました。 「改正FIT法」から見ると、発電設備を設置した人、設置しようとする人に関係があるので注目されている方も多いのです。「改正FIT法 …

株式会社Looopが「需要家側エネルギーリソースを活用したVPP構築実証事業」においてリソースアグリゲーターとして採択されました

  2017/08/31

再生可能エネルギー中心に事業活動を行う小売電気事業者の株式会社Looop(本社:東京都文京区、代表取締役社長 CEO:中村 創一郎、以下 Looop)は、経済産業省の平成29年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」において、SBエナジー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:孫 正義、以下「SBエナジー」)が親アグリゲーターとして実証を行う九州電 …

“メガソーラー” 地元は「反対」でも・・・

  2017/08/22

 大規模な太陽光発電施設メガソーラー。2012年に再生可能エネルギーを電力会社が買い取る制度が始まってから、その認定件数は急増しています。クリーンなエネルギーとして注目される一方、設置をめぐって起きているのが住民とのトラブル。その背景を取材しました。動画でご覧ください。(22日23:21)

【小浜市×エコスタイル】小浜市一般廃棄物最終処分場跡地を活用した太陽光発電事業開始に伴い、調印式・オープニングセレモニーを開催しました。

  2017/08/07

再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:東京都千代田区)は、福井県小浜市仏谷にある市有地、小浜市一般廃棄物最終処分場跡地における太陽光発電事業に伴い、小浜市と発電所を起点とした災害時および環境教育に関する協定を締結いたします。協定締結に際し、調印式、エコスタイル仏谷太陽光発電所オープニングセレモニーを開催いたしました。 ■事業概要・小浜市一般 …

小浜市×エコスタイル、7月29日調印式・オープニングセレモニー開催

  2017/07/24

〜小浜市一般廃棄物最終処分場跡地を活用した太陽光発電事業による孤立化集落対策〜 再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:東京都千代田区)は、福井県小浜市仏谷にある市有地、小浜市一般廃棄物最終処分場跡地における太陽光発電事業に伴い、小浜市と発電所を起点とした災害時減災および環境教育に関する協定を締結いたします。協定締結に際し、調印式、エコスタイ …

2022年、インドの再生可能エネルギーは175GWに拡大 – NREL予測

  2017/07/24

米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)は、インドでの再生可能エネルギー導入に関する予測レポートを発表した。それによると、2022年までに出力175GW(ギガワット)の再生可能エネルギーがインドの電力網に組み込まれるという。 175GWの再生可能エネルギーのうち、100GWが太陽光、60GWが風力になると予測され、年間発電量としては370TWh(テラワットアワー)に達するとしている。これら160 …

基本料金0円の『Looopでんき』一気に3円値下げ 関西エリアでの競争力強化

  2017/07/20

再生可能エネルギー中心に事業活動を行う新電力の株式会社Looop(本社:東京都文京区、代表取締役社長 CEO:中村 創一郎、以下 Looop)は、低圧(家庭・事業者)向けに提供しているLooopでんきの関西エリア向け『おうちプラン』『ビジネスプラン』の従量料金を値下げすることを決定いたしました。 【新料金単価】『おうちプラン』 関西エリア 25円/kWh → 22円/kWh『ビジネスプラン』 関西 …

中国が米国を抜き、世界最大の再生可能エネルギー生産国に—中国メディア

  2017/07/12

世界エネルギー大手のBPは上海市で最新の「BP世界エネルギー統計年鑑」を発表した。それによると、世界の再生可能エネルギー発電量(水力発電を除く)は2016年に、前年比14.1%増加した。新華社が伝えた。 これは原油5300万トン分に相当し、過去最高の伸び率を示した。中国は米国を抜き、世界最大の再生可能エネルギー生産国になった。(提供/人民網日本語版・編集YF)

黒潮のエネルギーを発電に活用 – 「かいりゅう」実証実験へ

  2017/07/10

NEDOとIHIは7月7日、海流エネルギーを利用して発電する新たな再生可能エネルギー技術である水中浮遊式海流発電システムの100kW級実証機「かいりゅう」を、IHI横浜事業所で完成させた。2017年8月中旬より、鹿児島県十島村口之島沖の黒潮海域で、実際に海流を利用した100kW規模の海洋発電を行う。 NEDOの新エネルギー部 風力・海洋グループ 主任研究員の田窪祐子氏は、今回の実証実験で扱う海流エ …

「太陽光発電海外市場レポート 2017年版〜海外主要市場と新興市場〜」を発刊

  2017/07/04

太陽光発電関連事業に関するコンサルティング業務を行う株式会社資源総合システム(本社:東京都中央区、代表取締役:一木修)は、2017年6月30日(金)に「太陽光発電海外市場レポート 2017年版〜海外主要市場と新興市場〜」を発刊致しました。 パリ協定の発効により、再生可能エネルギーの導入は世界の流れになり、100ヶ国以上の国が自主的に提出した削減目標(INDC)において再生可能エネルギーに関する目標 …