再生可能エネルギーニュース

再生可能エネルギーに関するニュースサイト

「 技術 」 一覧

【ナビガントリサーチ 調査報告】再生可能エネルギー統合のパワーツーガス

  2017/09/04

【調査レポートのサマリー】2017年8月31日発行 米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「再生可能エネルギー統合のパワーツーガス」は、世界の交通運輸、産業工業、電力、加熱セグメントでのP2G技術の市場を分析している。重要な市場を分析し、技術の発展や電解槽技術の主要企業の概要を記載している。2026年までの世界の年間P2G容量の市場と累積水素ガス生成量も …

ジンコソーラー:改正FIT法への対応策

  2017/09/01

「改正FIT法」が2017年4月から施行されました。FIT法とは、再生可能エネルギーの普及を主な目的として2012年に導入された「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」の通称で、そして、時間の経過や情勢の変化に伴い、新たなルールも加わりました。 「改正FIT法」から見ると、発電設備を設置した人、設置しようとする人に関係があるので注目されている方も多いのです。「改正FIT法 …

黒潮のエネルギーを発電に活用 – 「かいりゅう」実証実験へ

  2017/07/10

NEDOとIHIは7月7日、海流エネルギーを利用して発電する新たな再生可能エネルギー技術である水中浮遊式海流発電システムの100kW級実証機「かいりゅう」を、IHI横浜事業所で完成させた。2017年8月中旬より、鹿児島県十島村口之島沖の黒潮海域で、実際に海流を利用した100kW規模の海洋発電を行う。 NEDOの新エネルギー部 風力・海洋グループ 主任研究員の田窪祐子氏は、今回の実証実験で扱う海流エ …

ジンコソーラーの4つの製品が太陽光発電モジュール「トップランナー」先進的技術のある製品認定証明書を獲得

  2016/11/25

ジンコソーラーは11月24日2016年度技術大会を成功に主催したことを公表した。今回の会議では工信部電子情報司基礎部王威偉部長、中国光伏(太陽光発電)業界協会の王勃華秘書長、ニューサウスウェールズ大学(University of New South Wales)のMartin Green教授、アメリカ国家再生可能エネルギー実験室のGregory Wilson主任、シンガポールの再生可能エネルギーセ …

日本再生可能エネルギーとシュナイダーエレクトリック、太陽光発電で包括的技術提携

  2016/11/01

日本の主要な独立系再生可能エネルギー電力事業者である日本再生可能エネルギー株式会社(代表:アダム・バリーン、本社:東京都港区、以下「NRE」)とエネルギーマネジメントおよびオートメーションのグローバルスペシャリストであるシュナイダーエレクトリック株式会社(代表:松崎 耕介、本社:東京都港区、以下「シュナイダーエレクトリック」)は、NREが新たに稼働する36MWのNRE水戸太陽光発電所(茨城県水戸市 …

gii.co.jp 「世界における再生可能エネルギー固定価格買取制度の分析と発電設備容量目標 〜2020年:太陽光発電・風力発電・地熱発電・バイオエネルギー」 – 調査レポートの販売開始

  2016/08/09

2016年08月09日 株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界における再生可能エネルギー固定価格買取制度の分析と発電設備容量目標 〜2020年:太陽光発電・風力発電・地熱発電・バイオエネルギー」の販売をいたしております。 【 商品情報 】世界における再生可能エネルギー固定価格買取制度の分析と発電設備容量目標 〜2020年:太陽光発電・風力発電・地熱発電・バイオエネルギーRe …

ジンコソーラーが2016年のブルースカイ賞受賞、再生可能エネルギー新技術適用の投資計画で

  2016/07/14

太陽光発電(PV)産業の世界大手ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)は7月13日、再生可能エネルギー利用への新技術適用で世界的に最も優れた投資計画に贈られる国連工業開発機関(UNIDO)の2016年ブルースカイ賞(BlueSky Award)受賞したと発表した。 ブルースカイ賞は、中国やその他の発展途上国で再生可能エネルギーの産業利用を振興するのが目的。環境保 …

NEDO、電力系統の安定運用に向け太陽光発電の遠隔出力制御システムを開発へ

  2016/06/27

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月27日、太陽光発電の遠隔出力制御システムの開発に着手すると発表した。 同事業は、2015年1月の再生可能エネルギー固定価格買取制度の省令改正により、新たに系統連系する太陽光発電と風力発電などに遠隔出力制御システムの取り付けが義務づけられたことを受けて実施するもの。これまでNEDOは、出力変動に対応した電力系統に関する技術開発を推進してきたが、今回 …

【ナビガントリサーチ 調査報告】米国の分散再生可能エネルギー採用予測

  2016/06/14

【調査レポートのサマリー】2016年6月発行 米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「米国の分散型再生可能エネルギー採用予測 2016-2025年:太陽光発電、分散型風力発電、バイオガスの発電容量と収益予測」は、太陽光発電、分散型風力発電、バイオガスなどの主要10市場に注目して、米国の分散型再生可能エネルギー市場を分析しています。法規制や技術の動向につい …

NEDO、再生可能エネルギー熱利用の低コスト化と普及促進に向けた技術開発

  2016/02/25

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2月25日、再生可能エネルギー熱利用の低コスト化と普及促進を実現するための技術開発6テーマに着手すると発表した。 NEDOでは、2014〜2018年度の研究開発プロジェクト「再生可能エネルギー熱利用技術開発」において、再生可能エネルギー熱利用のコストダウンを促し、その普及拡大に貢献することを目的とした技術開発に取り組んでおり、これまでに、コストダウン …