再生可能エネルギーニュース

再生可能エネルギーに関するニュースサイト

「 可能 」 一覧

八雲の大規模風力発電所 23年度稼働目指す JREが説明会

  2017/09/06

【八雲】再生可能エネルギー事業を展開するジャパン・リニューアブル・エナジー(東京、JRE)は5日、町内で計画している道内最大規模の風力発電所について、住民に初めて説明した。黒岩、富咲両地区に最大で高さ…

“メガソーラー” 地元は「反対」でも・・・

  2017/08/22

 大規模な太陽光発電施設メガソーラー。2012年に再生可能エネルギーを電力会社が買い取る制度が始まってから、その認定件数は急増しています。クリーンなエネルギーとして注目される一方、設置をめぐって起きているのが住民とのトラブル。その背景を取材しました。動画でご覧ください。(22日23:21)

【小浜市×エコスタイル】小浜市一般廃棄物最終処分場跡地を活用した太陽光発電事業開始に伴い、調印式・オープニングセレモニーを開催しました。

  2017/08/07

再生可能エネルギーの普及促進を展開している株式会社エコスタイル(代表取締役社長:木下公貴、本社:東京都千代田区)は、福井県小浜市仏谷にある市有地、小浜市一般廃棄物最終処分場跡地における太陽光発電事業に伴い、小浜市と発電所を起点とした災害時および環境教育に関する協定を締結いたします。協定締結に際し、調印式、エコスタイル仏谷太陽光発電所オープニングセレモニーを開催いたしました。 ■事業概要・小浜市一般 …

経済産業省「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業」への参画に関するお知らせ

  2017/07/26

サニックスは、再生可能エネルギーのさらなる普及拡大による脱炭素社会の実現に貢献します。  当社、株式会社サニックス(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:宗政寛)は、経済産業省資源エネルギー庁の補助事業である「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」において、「B事業:リソースアグリゲーター事業」の間接補助事業者として採択されたことをお知らせいたします。なお …

2022年、インドの再生可能エネルギーは175GWに拡大 – NREL予測

  2017/07/24

米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)は、インドでの再生可能エネルギー導入に関する予測レポートを発表した。それによると、2022年までに出力175GW(ギガワット)の再生可能エネルギーがインドの電力網に組み込まれるという。 175GWの再生可能エネルギーのうち、100GWが太陽光、60GWが風力になると予測され、年間発電量としては370TWh(テラワットアワー)に達するとしている。これら160 …

PHP「再生可能エネルギー」フォーラム7/25開催改正FIT法は再エネ事業をこう変える!!

  2017/07/19

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)の政策シンクタンクPHP総研は、政策提言『再エネでローカル経済を活性化させる〜地域貢献型再エネ事業のすすめ〜』をまとめました。その発表に際し、地域貢献型再エネ事業に必要な支援政策のあり方に関するPHP「再生可能エネルギー」フォーラムを7月25日(火)に開催します。 再エネ事業がさらに発展していくために、地域に果たす役割や必要な支援政策は何 …

中国が米国を抜き、世界最大の再生可能エネルギー生産国に—中国メディア

  2017/07/12

世界エネルギー大手のBPは上海市で最新の「BP世界エネルギー統計年鑑」を発表した。それによると、世界の再生可能エネルギー発電量(水力発電を除く)は2016年に、前年比14.1%増加した。新華社が伝えた。 これは原油5300万トン分に相当し、過去最高の伸び率を示した。中国は米国を抜き、世界最大の再生可能エネルギー生産国になった。(提供/人民網日本語版・編集YF)

黒潮のエネルギーを発電に活用 – 「かいりゅう」実証実験へ

  2017/07/10

NEDOとIHIは7月7日、海流エネルギーを利用して発電する新たな再生可能エネルギー技術である水中浮遊式海流発電システムの100kW級実証機「かいりゅう」を、IHI横浜事業所で完成させた。2017年8月中旬より、鹿児島県十島村口之島沖の黒潮海域で、実際に海流を利用した100kW規模の海洋発電を行う。 NEDOの新エネルギー部 風力・海洋グループ 主任研究員の田窪祐子氏は、今回の実証実験で扱う海流エ …

再生可能エネルギー大国の米中、雇用者の差が拡大

  2017/06/30

再生可能エネルギー産業による2016年の雇用者数が世界全体で980万人に上り、前年比1.1%増となったことが分かった。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)によれば、雇用者数が最も多かったのは太陽光エネルギー関連の309万人。次いで液体バイオ燃料(170万人)、水力発電(150万人)となっている。 同産業の規模で世界をリードする米国と中国で、関連分野に従事する労働者数はどの程度に上るのだろうか。 …

再生可能エネルギー拡大続く 世界全体の電力、4分の1賄う ほか 9時トップ5ニュース

  2017/06/07

1. 再生可能エネルギー拡大続く 世界全体の電力、4分の1賄う 2016年末時点で、大型水力発電を含む世界の再生可能エネルギーの発電能力が20億1700万キロワットに達し、初めて20億キロワットの大台…