再生可能エネルギーニュース

再生可能エネルギーに関するニュースサイト

「 ソーラー 」 一覧

基本料金0円の『Looopでんき』が最大5円割引 Looopでんき+に新メニュー『Looopでんち割』を追加

  2017/09/04

再生可能エネルギー中心に事業活動を行う小売電気事業者の株式会社Looop(本社:東京都文京区、代表取締役社長 CEO:中村 創一郎、以下 Looop)は、低圧(家庭・事業者)向けに提供している『Looopでんき+(プラス)』のメニューに『Looopでんち割』を新しく追加することを決定しました。 【背景】自然エネルギーの最大普及をミッションとするLooopでは、先般、発売いたしました家庭用蓄電池のL …

“メガソーラー” 地元は「反対」でも・・・

  2017/08/22

 大規模な太陽光発電施設メガソーラー。2012年に再生可能エネルギーを電力会社が買い取る制度が始まってから、その認定件数は急増しています。クリーンなエネルギーとして注目される一方、設置をめぐって起きているのが住民とのトラブル。その背景を取材しました。動画でご覧ください。(22日23:21)

地球の未来が変わるかもしれない。再生可能エネルギー100%で走る「原動機付三輪 こむぎっちカーミニ/こむぎっち電気バイク」7月4日発売!

  2017/06/06

株式会社プラン(所在地:埼玉県上里町、代表取締役会長:大村 広司、以下 プラン)のグループ会社である株式会社HTM-Japan(以下 HTM-Japan)は、『原動機付三輪 こむぎっちカーミニ』、『こむぎっち電気バイク』を2017年7月4日に発売します。HTM-Japanのソーラーカーポートと連結させると再生可能エネルギー100%で走行が可能になります。画像1: https://www.atpre …

小泉元首相ら、再生可能エネルギーの普及訴え

  2017/04/03

 小泉元総理ら総理大臣経験者3人が農業を行いながら太陽光発電を行うソーラーシェアリング発電所の開所式に出席し、再生可能エネルギーの普及を訴えました。 ソーラーシェアリングとは、農地に支柱を立てて太陽光発電設備を設置し、農業を行いながら同時に太陽光発電を行う仕組みです。この発電所は、千葉県匝瑳市の耕作放棄地3.2ヘクタールを利用して、大豆や麦などの農産物を栽培しながら、およそ300世帯分の電力を発電 …

多可町安田郷メガソーラー発電所の竣工式を挙行 〜再生可能エネルギー事業による地域創生を目指して〜

  2016/11/30

三菱総研、東京センチュリー、京セラ、四電エンジの4社は、兵庫県公表のメガソーラー候補地情報に基づき、2013年5月関係者による事業検討を開始し、2014年10月に多可町メガソーラー合同会社を設立しました。2015年3月に林地開発許可を取得し建設工事を進めてまいりましたが、このたび完成し、2016 年11月2日から売電を開始しております。本事業は、多可町メガソーラー合同会社が事業運営を行います。東京 …

多可町安田郷メガソーラー発電所の竣工式を挙行再生可能エネルギー事業による地域創生を目指して

  2016/11/29

京セラ株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:山口悟郎、以下「京セラ」)、株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大森京太、以下「三菱総研」)、東京センチュリー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:浅田俊一、以下「東京センチュリー」)、および四電エンジニアリング株式会社(本社:香川県高松市、取締役社長:谷川進、以下「四電エンジ」)が共同出資する多可町安田郷メガ …

クリーンエネルギーのリーディングカンパニーを目指して フィット、徳島市一宮町で新たなメガソーラー着工開始〜再生可能エネルギー普及に向けた新たな取組み〜

  2016/08/29

クリーンエネルギーとリアルエステート(住宅・不動産)テックで理想のライフスタイルを提供する株式会社フィット(徳島本社:徳島県徳島市、代表取締役:鈴江 崇文、東証マザーズ:1436)は、持続可能な社会を目指した、再生可能エネルギーへの新たな取組みとして、徳島市一宮町に出力約2,575kW(約2.5MW)の大規模太陽光発電所(名称:フィット一宮メガソーラー)を着工しました。フィットの徳島県内における自 …

ジンコソーラーが2016年のブルースカイ賞受賞、再生可能エネルギー新技術適用の投資計画で

  2016/07/14

太陽光発電(PV)産業の世界大手ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)は7月13日、再生可能エネルギー利用への新技術適用で世界的に最も優れた投資計画に贈られる国連工業開発機関(UNIDO)の2016年ブルースカイ賞(BlueSky Award)受賞したと発表した。 ブルースカイ賞は、中国やその他の発展途上国で再生可能エネルギーの産業利用を振興するのが目的。環境保 …

体験して再エネ理解促進 こどもグリーンパワーサミット開催

  2016/02/09

資源エネルギー庁は、2016年2月6、7日の2日間、子供向け再生可能エネルギー普及啓発活動の一環として「こどもグリーンパワーサミット」を開催した。両日とも、会場となった日本科学未来館(東京都江東区)は、多くの親子連れなどでにぎわった。 同企画は、資源エネルギー庁が中心となって官民連携で再生可能エネルギーの普及促進を行う「GREEN POWERプロジェクト」の一貫。 会場には、子供が楽しみながら再生 …

なぜ「通信の大物」千本倖生氏は再エネ業界に転じたのか

  2016/02/08

■再生可能エネルギーを育てるのは国家的な使命——2012年にイー・アクセス(現ワイモバイル)をソフトバンクに売却し、千本倖生さんはハッピーリタイヤメントをしたわけですが、なぜ通信業界から今度は、再生可能エネルギーの開発運営を行うベンチャー企業、レノバの代表取締役会長に就任したのですか。 再生可能エネルギーの業界というのは、実は私にとっては全く関係のない事業ではないのです。私が慶應義塾大学の教授をし …