再生可能エネルギーニュース

再生可能エネルギーに関するニュースサイト

「 スマート 」 一覧

『日本のエネルギーを満タンに。』電力の自給自足を実現!東北発!公共・福祉施設や製造工場を再生可能エネルギーで活性化 高性能オフグリッドシステム『eneman(エネマン)』を4社共同開発

  2015/11/05

再生可能エネルギー活用の効率化により東北を支援すべく、光システム株式会社(本社:秋田県秋田市、代表取締役:吉田 征四郎)、株式会社中央物産(本社:岐阜県中津川市、代表取締役:三尾 義彦)、エナジー・ソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森上 寿生)、株式会社グッドフェローズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:長尾 泰広)の4社共同で、官公庁・地方自治体・中小規模の工場・ …

横浜市に「次世代都市型スマートシティ」 パナソニックなどが開発に着手

  2015/03/28

パナソニック(大阪府大阪市)と野村不動産(東京都新宿区)は、横浜市港北区綱島東にあるパナソニック事業所跡地を活用し、次世代都市型スマートシティ「Tsunashima サスティナブル・スマートタウン」(Tsunashima SST)の開発に着手する。横浜市は、環境未来都市・横浜にふさわしい街づくりを進めるため、Tsunashima SSTの取り組みを支援する。 今回、横浜市の協力のもと、両社は保育施 …

福岡県みやま市が電力小売参入 再エネ電力と市民サービスをセットで提供

  2015/03/26

「みやまHEMSプロジェクト」設立の趣旨 ※こちらをクリックすると拡大します。 福岡県みやま市は、25日、筑邦銀行(福岡県久留米市)と九州スマートコミュニティと共同で電力売買事業会社を設立し、エプコ(東京都墨田区)と共に、4月1日より電力小売り事業を開始すると発表した。 エプコによると、新会社「みやまスマートエネルギー」は、自治体による家庭等の低圧電力売買(電力小売り、太陽光余剰電力買取り)を主な …

福島県、再エネ・蓄エネ・スマートコミュニティ技術の研究開発に補助金

  2015/03/24

福島県は、再生可能エネルギーなどの技術に関する研究開発を行う県内の事業者および大学などに対し、補助金を交付する。 対象事業は、「創エネルギー技術」(太陽光、風力、地熱、太陽熱、温度差熱などに関連する技術)、「蓄エネルギー技術」(水素などに関連する技術)、「スマートコミュニティ関連技術」(エネルギーマネジメントシステムなどスマートコミュニティに関連する技術)。 対象者は、県内に事業所を置く法人格を有 …

スマートコミュニティ構築に補助金 電力だけでなく熱インフラも対象

  2015/03/17

新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、地域のマスタープランに基づき、導入されるシステム(再生可能エネルギー、蓄電池、電気自動車等交通システムなど)や機器、プロジェクトマネジメント、普及促進活動に対する補助金の公募を開始した。 この事業は、スマートコミュニティ導入促進事業費補助金の「II.スマートコミュニティ構築事業」として実施するもの。2014年2月に公募を行った「I.スマートコミュニティ・マ …

被災3県の防災拠点に導入する再エネ・EV・蓄電池 今年も補助事業開始

  2015/03/17

新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、東日本大震災の被災3県(岩手県・宮城県・福島県)において、災害発生時の防災拠点として機能し得る施設に導入する再生可能エネルギー発電設備・蓄電池・電気自動車などに対する補助金の公募を開始した。 本事業は、平成27年度スマートエネルギーシステム導入促進事業費補助金(スマートエネルギーシステム導入促進事業)。公募期間は3月16日(月)~9月30日(水)(12時必 …

スマートコミュニティの実証モデルづくりに補助金 デマンドレスポンスなども対象

  2015/03/10

新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、2014年度「次世代エネルギー技術実証事業費補助金(補正予算に係るもの)」の公募を開始した。 本事業は、「次世代エネルギー・社会システム実証事業」で行う総合的なスマートコミュニティのモデルづくりに加え、それを補完する先進的な技術等の確立や、地域資源を活用した、地域に根付づいたスマートコミュニティの確立に係る取り組みを国が補助するもの。 なお、2011年度よ …

宮城県の「スマート防災エコタウン」 PPSがマイクログリッドで電力供給体制

  2015/03/10

宮城県東松島市と積水ハウス(大阪府大阪市)は、同市において災害公営住宅と周辺の病院等を結ぶマイクログリッドにより電力供給する本格的スマートタウン「東松島スマート防災エコタウン」を実現する。 当タウンでは、災害公営住宅85戸(戸建住宅70戸、集合住宅15戸)と周辺の病院、公共施設等を結ぶ自営線によるマイクログリッドを構築し、太陽光発電470kWを持つ自営線特定規模電気事業者(自営線PPS)がCEMS …

三重県桑名市、太陽光発電事業者に市有地を貸し出し 公募スタート

  2015/02/27

三重県桑名市は、太陽光発電事業を実施する事業者を対象に市有地を一般競争入札により貸付ける。 貸付物件は、桑名市大字森忠字正津505番1、桑名市大字森忠字笠坊谷1070番1で、面積は3,271.84平方メートル。貸付期間は土地賃貸借契約(本契約)締結日から20年間。最低貸付価格(予定価格)は年額654,000円。 入札参加の申込み受付期間は3月11日まで。入札参加申し込み後3月17日までに入札保証金 …

植物工場に熱とCO2を供給するバイオマスボイラ LPGに比べ燃料費3割減

  2015/02/13

JFEエンジニアリングは、12日、北海道苫小牧市の植物工場(スマートアグリプラント)において、昨年より建設してきたバイオマスボイラ設備を完成し、温室への熱とCO2供給の実証試験を開始したと発表した。 この設備は、廃材等から作られる木質チップを燃料としてプラントに熱とCO2を供給するもので、プラントを立地する地域に豊富に存在する木質バイオマス資源を有効活用する。同社によると国内初の取り組みとなる。 …