再生可能エネルギーニュース

再生可能エネルギーに関するニュースサイト

「 月別アーカイブ:2015年10月 」 一覧

上野公園で明かりを楽しむ

  2015/10/30

太陽光や風力などの再生可能エネルギーを用いて、美しい明かりを楽しむイベント「創エネ・あかりパーク2015」が30日、東京・上野公園で開幕。地面に投影された光を追う子供の姿も見られた。11月3日まで。

【セミナーレポート】 地球規模の電力ネットワーク構築も可能になる「超伝導直流送電」 再生可能エネルギーの広域活用で持続可能社会の実現を目指す!

  2015/10/29

2015 年 10 月 27 日(火)、一般社団法人 太陽経済の会(所在地:東京都千代田区、代表理事:山崎養世)は、学校法人中部大学理事長・総長(太陽経済の会 理事)の飯吉厚夫氏と同大学超伝導・持続可能エネルギー研究センターセンター長の山口作太郎教授、及び同センターの井上徳之教授の 3 名をお招きし、セミナーを開催いたしました。  「超伝導送電技術」は我が国オリジナルの技術開発で、特に直流は送電効 …

再生エネルギー、複数年の買い取り価格を検討

  2015/10/25

 経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で、買い取り価格を複数年まとめて決める方式を導入する検討を始めた。  数年先の買い取り価格があらかじめ確定するため、事業者は採算の見通しが立てやすくなる。事業化を決めてから発電を始めるまでに時間がかかる地熱や風力などによる発電の普及を促す狙いがある。  早ければ来年度以降、地熱や風力、中・小型の水力、木材などを燃料とするバイオマスを対象に、2 …

独IBC SOLARの新設子会社であるIBCソーラー・プロージェクツ株式会社、第4回 ふくしま復興 再生可能エネルギー産業フェア2015(REIFふくしま)に参加

  2015/10/21

国際プロジェクトの重要性を呼び掛けるとともに、エネルギーエージェンシーNRWと共にブースを出展 【2015年10月21日、東京】太陽光発電システム分野で世界をリードするIBC SOLAR AG(以下、「IBC SOLAR」) の子会社であるIBCソーラー・プロージェクツ株式会社は、10月28日から29日福島で開催される「第4回 ふくしま復興 再生可能エネルギー産業フェア(REIFふくしま)」に参加 …

エコスタイル、日本気象学会2015年秋季大会にて当社社員2名が「気象予測の再生可能エネルギー分野への応用に関する研究発表」を実施〜京都・南区にて10月30日に発表〜

  2015/10/20

株式会社エコスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木下 公貴)は、2015年10月28日〜30日に京都で開催される「日本気象学会2015年秋季大会」にて、当社の社員が気象予測技術の応用に関する研究成果を発表することを報告いたします。今回発表する「確率予報の経済価値」に関する研究は、当社で取り組みを強化している「再生可能エネルギーを活用した電力事業」における出力予測精度の向上に資するもので …

【いよいよ来週 10 月 27 日(火)にセミナーを開催】 世界に先駆けた日本オリジナル技術開発で再生可能エネルギーの不安要素を解決! 「超伝導直流送電」による再生可能エネルギーの広域活用

  2015/10/20

一般社団法人 太陽経済の会(所在地:東京都千代田区、代表理事:山崎養世)は、2015 年 10 月 27 日(火)、学校法人中部大学理事長・総長(太陽経済の会 理事)の飯吉厚夫氏と同大学超伝導・持続可能エネルギー研究センターセンター長の山口作太郎教授、及び同センターの井上徳之教授の 3 名をお招きし、セミナーを開催することをお知らせいたします。  今月 6 日(火)、超伝導・持続可能エネルギー研究 …

2016年のドイツの再エネ賦課金:過去最高を更新し、月々2,500円!

  2015/10/16

ドイツ Netztransparenz(https://www.netztransparenz.de/de/file/20151015… ) ドイツの一般家庭の年間消費量を3,500kWhとすると、2016年でのドイツの再エネ賦課金は、次の式により、月々2,500円程度と計算される。為替レートは本日時点のもので、1ct=1.35126円とした。 6.354セント/kWh × 3,500 …

CO2の転換製品を作るコンテスト=米Xプライズ〔BW〕

  2015/10/07

【ビジネスワイヤ】賞金付きコンテストを実施する米Xプライズは、二酸化炭素(CO2)を原料として価値ある製品を作るコンテスト「NRG COSIAカーボンXプライズ」を実施すると発表した。再生可能エネルギー発電の米NRGエナジーと業界団体のカナダ・オイルサンド技術革新同盟(COSIA)が共催し、賞金額は2000万ドル。最も多くのCO2を使用して最も価値のある1つ以上の製品に変換する技術が求められる。コ …

<福島沖>「海に浮かぶ風車」近く発電

  2015/10/03

 福島県楢葉町の沖合約20キロで進められている浮体式洋上風力発電の実証研究が、新たな段階に入った。2基目の巨大風車「ふくしま新風」が係留作業を終え、世界でも例のない複数の「海に浮かぶ風車」での発電が近く始まる。研究の成功は再生可能エネルギー普及への追い風となるか。【垂水友里香】  東京電力福島第1原発事故を受けた福島県の復興ビジョンは、2040年をめどに県内の全電源を再生可能エネルギーで賄うと掲げ …