再生可能エネルギーニュース

再生可能エネルギーに関するニュースサイト

「 月別アーカイブ:2015年04月 」 一覧

電源構成は再生エネ重視…30年時点、識者案

  2015/04/28

 経済産業省の有識者会議は28日、2030年時点の目標となる電源構成案を正式発表した。  太陽光や風力などの再生可能エネルギーを最大24%と、今の2倍以上に増やして重視する一方、原子力は最大22%として、再生エネを下回る水準にする。電気料金の抑制と地球温暖化対策の両立を目指す。政府は与党と調整し、5月にも政府案を決定する。  具体的には、▽再生可能エネルギー=22〜24%▽原子力=20〜22%▽天 …

<電源構成>2030年、原発回帰鮮明に 政府案

  2015/04/28

 経済産業省は28日、2030年の総発電量に占める電源ごとの割合(電源構成)について、原発を20〜22%程度、再生可能エネルギーを22〜24%程度とする政府案をまとめた。原発を新増設するか、原則40年の運転期間を延長しなければ実現しない水準で、安倍政権の原発回帰の姿勢が鮮明になった。  28日に開いた同省の有識者委員会に提示した。政府が電源構成をまとめるのは10年以来で、東京電力福島第1原発事故後 …

30年時点で原発比率「最大22%」、政府案

  2015/04/23

 政府は2030年時点のエネルギーミックス、つまり、電力をまかなう電源の構成比率で、原発を最大で22%とする案をまとめました。 2030年時点でのエネルギーミックスは震災前は28%あまりだった原発比率をどこまで引き下げ、太陽光などの再生可能エネルギーをどこまで上げるかが焦点となっていましたが、政府は23日、原発は20〜22%、再生可能エネルギーは22〜24%とする案をまとめました。今後の原発再稼働 …

日本アジアグループ、再生可能エネルギーファンドを設立 第1号はメガソーラーに投融資

  2015/04/21

日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジーは21日、メガソーラー発電所「足柄大井ソーラーウェイ」と「行田ソーラーウェイ」を運営する合同会社に投融資を行ったと発表した。 同社は2月に、東京都が創設した官民連携再生可能エネルギーファンドの運営事業者として「T・JAGグリーンエナジー投資事業有限責任組合」を設立していた。今回はその第1号案件となる。 T・JAGグリーンエナジー投資事業有限責任組合には、無 …

再生エネ、25%未満で調整=30年の電源構成—経産省

  2015/04/21

経済産業省が、2030年時点の最適な電源構成(ベストミックス)について、太陽光など再生可能エネルギーの比率を25%未満とする方向で調整していることが21日、明らかになった。政府の「エネルギー基本計画」は、30年の再生エネ比率を約20%とする従来目標の引き上げを掲げている。しかし、再生エネが増えれば電気料金が上昇する懸念があり、大幅な上積みは難しいとの判断に傾いている。 30年の原発依存度は、10年 …

2014年度の“再エネ補助金”は1兆円超の見込み・・・

  2015/04/17

資源エネルギー庁の再生可能エネルギーに関する『固定買取価格制度 情報公表用ウェブサイト』によると、昨年12月末時点における再エネ発電設備の導入状況は資料1・資料2の通り。 ※画像をクリックして拡大 <資料1>買取電力量(万kWh)(出所:資源エネルギー庁) <資料2>買取金額(億円)(出所:資源エネルギー庁) エネ庁は昨年3月25日に今年度の賦課金単価について、1kWh当たり0.75円(標準家庭( …

経団連が提言「2030年時点で原発25%以上が妥当」

  2015/04/06

 2030年時点での原子力や再生可能エネルギーなどの電源ごとの構成比率いわゆる「エネルギーミックス」について、経団連は原子力発電の割合を25%以上にするのが妥当だとする提言をまとめました。 経団連がまとめた提言によりますと、2030年時点での「エネルギーミックス」は、原子力発電の割合が25%以上、火力発電が60%程度で太陽光などの再生可能エネルギーの割合は15%程度にとどめるのが妥当だとしています …

「再生可能エネルギーMBA」で就業力=独アカデミー〔BW〕

  2015/04/06

【ビジネスワイヤ】ドイツの再生可能エネルギーアカデミー(RENAC)は、通信制の再生可能エネルギーMBA(経営学修士号)課程が就業力の向上に貢献していると発表した。学生が身に付ける就業力は平均を超える。ベルリン・ボイト工科大学と共同で実施している同課程は、国際経営学認定財団(FIBAA)の公式認定を獲得済み。講義は経済・技術・法律・政治・組織に及び、学生はグリーン技術や国際的なエネルギー政策につい …

再生エネ「2030年に最大35%」 環境省試算

  2015/04/03

 太陽光や風力など再生可能エネルギーについて、環境省は、2030年に最大で国内の総発電量の3割を超えるという試算を公表しました。 環境省が民間の研究所に委託して行った試算によりますと、太陽光や風力、地熱など再生可能エネルギーの発電量が、2030年には最大で3566億キロワットに達するということです。国内の総発電量に占める再生可能エネルギーの比率は35%程度になると推計していて、二酸化炭素など温室効 …

<再生エネ>最大35%拡大可能…発電シェア、環境省が試算

  2015/04/03

 環境省は3日、2030年の再生可能エネルギーによる発電電力量の割合は24〜35%まで拡大可能だとする試算を公表した。原発や火力を含む将来の電源構成(エネルギーミックス)を検討している経済産業省の有識者委員会は、エネルギー基本計画が目標に掲げる「2割を上回る水準」からどこまで上積みできるかを模索しており、影響を与えそうだ。  試算は環境省が三菱総合研究所に委託してまとめた。当初は6月ごろに公表する …